放射能ホットスポット関連ニュース

2011-07-30
インデックスページだけのサイトをアップ。

【本サイトにつきまして】
誰もが放射能についてこれほど真剣に考えるとは夢にも思いませんでした。 20数年前のチェルノブイリの事故は遠い国から届いた暗いニュースの記憶の断片でした。 ところが2011年3月に、日本であってはならないことが起こりました。今被災地からかけ離れた地域でも漠然とした不安が広がっていますが、 過去の世界の事故から教訓を学び、生活に工夫をこらすことで、 未来を安心・安全な世界に変えることが出来ると信じ、情報を発信します。
【サイトコンテンツ概要】
起こってしまったことを批判しても未来が変わるとは思えません。 また、これまでの行政の対応をみてもすぐには頼りにならないことがわかりました。 それなら自分でできる範囲の対応をしてみよう。ということで、本サイトのコンテンツは次のような内容となりました。
【1】日常生活でどのような工夫を行うべきか検討します。
【2】管理人購入の危険を察知するツール、RADEX1008のリポート。
【3】RADEX1008による自宅周辺の線量測定結果のリポート。
【4】管理人の忘備録としてわかりにくい専門用語を調査・記録します。
【5】チェルノブイリ原発事故発生から25年後の現在までの間に何が起こったのかを知ることで、我々の放射能汚染対策がみえてきます。

caution radioactive